ナイトワークとは

サングラスの女性

ナイトワークとは、風俗店での仕事や水商売の仕事を指す。
特に風俗求人では、ナイトワークという言葉が使用されることが多い。
近年は風俗店でも早朝や昼間に営業をしている場合があるが、その場合でも総称としてナイトワークと呼ばれている。

一般的に、水商売とはキャバクラやスナックでの接客サービスのことを指す。
男性客に酒を作り、ソファー席やボックス席で隣に座って接客を行なう。
近年では、ガールズバーと呼ばれる形態の店が急増している。
ガールズバーは、従来のキャバクラやスナックよりもライトな感覚で働けるナイトワークとして若い女性から支持を集めている。

一般的な接客業のアルバイトよりも給料が高い店がほとんどである。

風俗店には様々な業態があり、店によってサービス内容が異なる。
大別すると、店舗型と出張型に分けることができる。
店舗型では、ピンサロやファッションヘルスやイメクラやソープランドなどが代表される。
繁華街に店舗を持ち、店内の個室で性サービスを行なう。

出張型では、ラブホテルや男性客の自宅に出向いて性サービスを行なう。
デリヘルやホテヘルや出張エステなどが代表格である。店舗に行かずともサービスが受けられるという気楽さと便利さで、男性客からの需要は大きい。

近年では、ソフトサービス呼ばれる店も存在する。
例えば、リフレクソロジーや耳かきやオイルマッサージといったサービスを提供する店が増えている。
こういった店では、女性従業員は衣服を脱がず男性客からのタッチも禁止という場合が多い。
本格的な風俗業には抵抗があるものの、ライトなサービスであれば可能という女性が多く働いている。
また、比較的低料金でサービスが受けられるという点で男性客からの需要も増えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加