在宅ワーク

どこかを見ている女性

在宅ワークとは、自宅を拠点として仕事を行なうことを指す。
近年のインターネットの普及により、パソコンを使った在宅ワークを行なう人が増加している。
2004年頃からブロードバンド通信網の普及率が爆発的に増加したため、自宅のパソコンを使って仕事ができる環境が整ったのである。

在宅ワークには様々なものがある。
例えば、データ入力の仕事が代表的なものとして挙げられる。
パソコンを使って文字を入力してテキストを作成したり、アンケート資料や名簿などをソフトを使って作成する。

他にも、録音された音声を文章化するテープ起こしの仕事やウェブデザイナーの仕事などがある。
いずれも、自宅で仕事が出来るという点がメリットである。


在宅ワークの仕事は、自宅でできるという利便性や空いた時間にできるという気軽さが魅力である。
しかし、往々にして収入が安定しにくいというデメリットもある。
もちろん、ウェブデザイナーやホームページ制作といった専門職であれば報酬は高額になることが多い。
しかしそういった専門職以外の在宅ワークは、一般的に薄給の場合が多い。

専門的な知識や技術がなくても高収入が期待できる在宅ワークとして人気なのは、チャットレディの仕事である。
これは、ライブチャットというネット上のサイトを介して男女がコミュニケーションをとるものである。
チャットレディは、サイトの男性会員と会話をして給料をもらうという仕事である。
パソコンのウェブカメラの映像を見ながら会話をすることで、回線につながっていた時間の給料がもらえるという仕組みである。

チャットレディの仕事には、アダルトコンテンツを含むものと含まないものがある。
アダルトサイトでは脱衣や自慰行為を見せたりという内容を含むが、ノンアダルトでは会話によるコミュニケーションが主である。


ライブチャットのアダルトサイトでは、女性は男性とコミュニケーションをしながら脱衣や自慰行為などを行なう事が多い。擬似セックスを行なうこともある。
また、コスプレや下着姿でのコミュニケーションも人気である。
このような性質ゆえに、アダルトチャットはノンアダルトチャットよりも高収入が期待できる。

ノンアダルトサイトの場合、アダルトコンテンツは禁止されている。
それゆえ、日常会話がコミュニケーションの中心である。
アダルトな会話やコミュニケーションに抵抗がある女性には、ノンアダルトサイトの方が人気である。

いずれも、自宅で空いている時間に行えるというのが人気の理由である。
時間に縛られず好きな時に働けるので、空いた時間に副収入を得る目的で行っている女性は多い。

このエントリーをはてなブックマークに追加